債権回収

債権回収

企業からのご相談には、債権回収に関するものが少なくありません。

弁護士に相談にする段階では、未回収の債権額が既に相当に増大しており、もう少し早い段階でご相談に来られればという案件が少なくありません。また、こういう場合に備えた契約書を作成されていないケースも散見されます。

そうした観点からは、日常的に気軽に相談できる顧問弁護士がいることは重要と思います。

未回収の債権の回収には、内容証明郵便、支払督促、少額訴訟、通常の民事訴訟等の手続きなど、いろいろ方法がありますが、案件によっては、民事保全、強制執行の手続も考える必要があります。

まずは、なるべく早く、ご相談下さい。
Powered by Flips
編 集