古い抵当権の抹消の事なら

過去に設定されたままの抵当権登記の抹消

不動産を相続などにより取得した際、登記簿を確認してみると、過去の抵当権登記が設定されたままになっていることがあります。抵当権者が法人の場合、長い年月が経過するうちに、解散等によって法人格が消滅していることがあります。この場合、抵当権者は既に存在していないので、抵当権が実行されて不動産が競売にかけられてしまうおそれは、基本的にはありません。


ですが、登記簿に抵当権登記が設定されたままだと、将来この不動産を売却等する際に買主が難色を示し、売却等がうまくいかなくなるおそれがあります。そこで、早期に抵当権登記の抹消をしておいた方がよいものの、抵当権登記の抹消をするためには、原則として登記権利者及び登記義務者が共同申請する必要があります。しかし、本件のような場合、登記権利者である法人は既に消滅しているので、共同申請することができません。

抵当権抹消登記請求訴訟

放置抵当権の抹消の訴訟の事なら

上記の場合、上記法人の住所地又は抵当権の設定されている物件の所在地を管轄する裁判所に対し、上記会社を被告とする抵当権抹消登記請求訴訟を提起します。その上で、勝訴判決を得ることができれば、抵当権登記の抹消を単独申請することが可能です。もっとも、上記法人は消滅済みであり、訴訟に応じることができないため、特別代理人の選任申立てをした上で、特別代理人が上記法人に代わって訴訟に応じることになります。

特別代理人には、横浜地方裁判所の場合、候補者の登録を行っている神奈川県弁護士会所属の弁護士が選任されるのが通常です。特別代理人の報酬は、原告(申立人)が支払う必要があります。報酬の金額は、5~10万円程度になるのが通常です。

特別代理人が選任された後、訴訟を追行します。特段の事情がなければ、原告(申立人)の勝訴判決がなされます。その後、裁判所から判決書が送られてきますので、これを用いて、法務局にて抵当権登記の抹消手続を単独申請することで、登記の抹消が可能となります。
弁護士法人TKY法律事務所 横浜オフィス
TKY法律事務所

取扱分野のご紹介

借金問題
相続
交通事故
離婚問題
刑事弁護
【その他取扱分野】
・民事事件
詳しくはこちら

法律相談のご案内

法律相談予約はこちら

那覇オフィスのご案内

弁護士法人TKY法律事務所(那覇オフィス)のホームページはこちらをご覧下さい。

遺産分割に関するQ&A

遺産分割に関して、よくある質問にQ&Aの形で答えたものです。こちらをご覧下さい。

遺留分に関するQ&A

遺留分に関して、よくある質問に、Q&Aの形で答えたものです。こちらをご覧下さい。

電話会議による遺産分割調停

相手方が遠隔地に居住している場合、原則として、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てますが、そのような場合、電話会議による遺産分割調停を行うことが出来るようになりました。詳しくはこちらをご覧下さい。

Powered by Flips
編 集