離婚に関する書籍のご案内

「離婚に関する法律相談」(法学書院)

弁護士法人TKY法律事務所の山本和代・安井琢磨両弁護士が執筆(共著)した「離婚に関する法律相談」(法学書院)と題する書籍が、法学書院より出版されました。



TKY法律事務所では、多数の離婚事件を扱ってきました。

離婚に関する初回無料法律相談(30分)を実施しておりますので、お問い合わせ下さい。
(法学書院のHPより案内文を転載します)
第1部では、離婚調停の流れをストーリー仕立てで解説し、第2部では、離婚にまつわる諸問題を広く取り上げ、財産分与、子の親権問題等53の質問事項を設定して解説されています。末尾に、離婚の際に問題となる「養育費算定表」を、また、別居中に受け取ることができる(支払わなければならない)「婚姻費用算定表」が収録されています。

 
<主なもくじ>

第1編 ストーリーで学ぶ離婚の法律知識
第2編 離婚に関するトラブル解決のためのQ&A

≪離婚原因≫
1 裁判で認められる離婚原因とは?
2 離婚原因となる不貞行為とは?
3 悪意の遺棄による離婚
4 3年以上の生死不明による離婚
5 回復の見込みのない強度の精神病による離婚
6 婚姻を継続し難い重大な事由とは?

≪離婚手続≫
7 離婚の手続(方法)とは?
8 協議離婚における注意点は?
9 離婚訴訟とは?
10 離婚後も氏を変えたくない
11 離婚に伴う子の氏の変更
12 離婚後の養子縁組の解消
13 無断で出された離婚届を無効にしたい
14 離婚の取消とは?
15 配偶者の暴力から避難するには?
16 DV防止法とは?
17 DV防止法による保護命令の申立て
18 夫からの暴力に不安な場合の調停での対策
19 ストーカー行為に対する規制
20 国際離婚で注意することは?
21 国際離婚訴訟の管轄裁判所はどこ?
22 国際離婚訴訟と慰謝料・財産分与・養育費
23 国際離婚における子どもの親権は? 
24 外国における離婚判決の効力が日本国内に及ぶか?
25 国際離婚で在留資格はどうなるか? 

≪財産的請求≫
26 別居した夫から生活費を払ってもらえるか? 
27 過去の婚姻費用を遡って請求できるか? 
28 財産分与の対象となるのはどんな財産か? 
29 財産分与の分与割合はどうなるのか?
30 年金は財産分与の対象となるか? 
31 退職金の財産分与はできるか? 
32 住宅ローンの残っている不動産と財産分与 
33 財産分与に税金はかかるか? 
34 離婚したくない場合の財産分与 
35 夫婦共有財産の保全 
36 内縁の解消と財産分与 
37 慰謝料請求ができるのはどのような場合か? 
38 浮気相手へ慰謝料請求はできるか? 7
39 婚約の成立要件 
40 婚約の不当破棄 

≪子の親権問題≫
41 子の親権とは? 
42 親権者はどのように指定されるか? 
43 親権者と別に監護者が定められる場合とは? 
44 親権者の変更・親権の喪失 
45 子との面接交渉
46 連れて行かれた子を取り戻したい 
47 養育費の支払義務と額 
48 養育費の額の変更 
49 養育費を支払うべき期間は? 
50 再婚によって養育費の額は変更するの? 
51 非嫡出子の親権と養育費 
52 嫡出否認の訴え・親子関係不存在確認の訴え
53 児童のいる家庭に支給される公的手当 

養育費・婚姻費用算定表
弁護士法人TKY法律事務所 横浜オフィス
TKY法律事務所

専門分野のご紹介

離婚問題
相続
交通事故
借金問題
刑事弁護
【その他取扱分野】
・民事事件

法律相談のご案内

法律相談予約はこちら

那覇オフィスのご案内

弁護士法人TKY法律事務所(那覇オフィス)のホームページはこちらをご覧下さい。

法律相談のご案内

・相談料:初回無料*
・相談日時:平日午前9時30分~午後8時 土曜日午前10時から
・予約受付はこちら

*離婚に関するご相談は初回30分以内を無料としております。 通常料金:5000円(税別)/30分


著書のご紹介

離婚に関するQ&A

離婚にまつわるよくある質問に、Q&Aの形で答えたものです。こちらをご覧下さい。

電話会議による離婚調停

相手方が遠隔地に居住している場合、原則として、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に離婚調停を申し立てますが、そのような場合、電話会議による離婚調停を行うことが出来るようになりました。詳しくはこちらをご覧下さい。

Powered by Flips
編 集