交通事故の解決事例

解決事例のご紹介

当事務所で扱った事例を一部ご紹介致します。


この例のように、弁護士が示談交渉を行うことで、示談金額が大幅にアップすることは珍しくありません。逆に言えば、保険会社から被害者に提示する示談金額は、本来の金額よりも低額になされていることが分かります。


保険会社から示談の提示があった場合には、すぐにサインをせず、まずは弁護士にご相談下さい。

事例1

被害者21歳 後遺障害非該当 外傷性頚部症候群、両肩打撲・捻挫 胸腰椎捻挫

85万円(弁護士介入前の提示額)→145万円(弁護士介入後の示談金額)

事例2

被害者46歳 後遺障害14級(弁護士介入後12級に変更) 左鼠径部皮下瘢痕

100万0397円(弁護士介入前の提示額)→873万1543円(弁護士介入後の示談金額)

事例3

被害者75歳 後遺障害11級相当 左大腿骨転子部骨折

提示なし(弁護士介入前)→600万円(弁護士介入後の示談金額)

事例4

被害者59歳 後遺障害非該当 頸部外傷性症候群

80万0909円(弁護士介入前の提示額)→150万円(弁護士介入後の示談金額)

事例5

被害者43歳 後遺障害非該当(弁護士介入後14級に変更) 頚部捻挫 右背部挫傷 右上腕部打撲

123万3100円(弁護士介入後の提示額)→495万4825円(弁護士介入後の示談金額)

事例6

被害者22歳 後遺障害12級 左橈骨遠位端骨折、左尺骨茎択突起骨折等

303万7852円(弁護士介入前の提示額)→1010万3835円(弁護士介入後の提示金額)→2500万円(訴訟提起後の和解金額)

事例7

被害者25歳 後遺障害14級

5万4297円(弁護士介入前の提示額)→96万9081円(弁護士介入後の提示金額)→655万6445円(判決により支払いを加害者に命じた金額)
TKY法律事務所

専門分野のご紹介

離婚問題
相続
交通事故
借金問題
刑事弁護
【その他取扱分野】
・民事事件

法律相談のご案内

法律相談予約はこちら

那覇オフィスのご案内

弁護士法人TKY法律事務所(那覇オフィス)のホームページはこちらをご覧下さい。

弁護士費用特約

最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付加されているものが増えております。弁護士費用特約とは、交通事故の被害者になった際に、相手方(加害者・保険会社)との示談交渉や、訴訟提起に必要な弁護士費用を保険会社が支払ってくれるという特約です。当事務所では、このような弁護士費用特約も利用できますので、お気軽にお問いあわせ下さい。

資料集

入通院慰謝料に関する表
 傷害慰謝料については、原則として入通院期間を基礎として別表Ⅰを使用します。
 むち打ち症で他覚症状がない場合は別表Ⅱを使用します。この場合、慰謝料算定のための通院期間は、その期間を限度として、実治療日数の3倍程度を目安とします。

交通事故に関するQ&A

交通事故について、よくある質問に、Q&Aの形で答えたものです。こちらのページをご覧下さい。
Powered by Flips
編 集